Month: 11月 2014

インポテンス(インポテンツ、いんぽてんつ)ed克服方法と予防

インポテンス(インポテンツ、いんぽてんつ)ed克服方法と予防

インポテンス(インポテンツ、いんぽてんつ)ed克服方法と予防について、下記のように、外因性と内因性からいくつの方法をまとめています。

 

1. インポテンツ を予防するため、性の知識を勉強すること

 

未婚男性がインポテンス(性欲がないあるいは勃起できない)だと疑うのは、ただ外的な刺激が足りないだけで、病気としては認めません。新婚夫婦は性交する時、男性のほうは緊張で興奮しているし、女性の方は恐がりで照れてるし、うまく協力できるのは普通です。性交失敗は経験が足りないだけで、病気ではありません。そいう時はお互いに理解し合って、慰めて、時間を経ったら殆どはうまくいけて、ハーモニの生活に戻れます。

 

2.生理のリズムを知ること

 

男性は高熱、過労、情緒不良等の場合は、一時的なインポテンス症状が出るのは、殆ど普通の抑制と生理のリズムは原因です。仮性の症状を真性のインポテンスにさせる恐れがあるので、男性の方はストレスを増やしたりしないで、女性の方も文句を言ったり、責めたりしないほうがいいです。

 

 

インポテンス(インポテンツ、いんぽてんつ)ed克服方法と予防

インポテンス(インポテンツ、いんぽてんつ)ed克服方法と予防

 

 

3.薬の服用に慎重に

 

副作用としてインポテンスになる薬を避けてください。病気によって薬を飲まなければならない時は、できるだけ性の能力に悪影響のない薬を選んだほうが良いです。

 

4.性行為を控える

 

長期的に過度性行為にはまるのはインポテンスの原因になります。実例からわかるように、夫婦は別々のベットで寝ることによって、しばらくの間に性交を止めて、各種の性的刺激を避けて、中枢神経系と性器官を十分に休めるのはインポテンスを予防するには有効的な方法です。

 

mf700-00162120

 

 

5.食事でのed克服方法

 

狗肉、羊肉、スズメ、胡桃、牛鞭、羊の腎臓などや、牡蠣、牛肉、鶏レバー、卵、ピーナッツ、豚肉、鶏肉など亜鉛を多く含める食べ物や、長芋、イチョウ、冷凍豆腐、田鰻、鳝鱼、海参、いか、タコなどアルギニンを多く含める食べ物は性の能力を高めるには良いです。

 

6.体の免疫力を高めよう

 

体が虚弱、過労、睡眠不足、長く続ける緊張の脳的仕事などはインポテンスの原因になります。積極的にスポーツをして体を強めること、ちゃんと休みを取ること、過労をしないことなど、中枢神経系のバランスを取るように心がけましょう。

 

7.心理的な要因を無くす

 

十分な性の知識を知って、精神的な要因が性の能力への影響を理解すべきです。性欲に対して正確な認識が必要です。人には見せられないものだと思って嫌がったり怖がったりしないこと、初心者として何回かの失敗のせいで落ち込んだり悩んだりして自信をなくすことがないです。夫婦の間は気持ちのコミュニケーションを取ることによって不愉快の要因を無くし、暗黙の了解に達せます。女性の方は思いやりを持って、愛情を持って、相手の精神的なストレスが出ないように相手を励ましたりして、不満の情緒を見せないように心がけましょう。性交する時は集中して、特に性的快感に達して射精する時は、更に集中力が必要です。