Day: 2015年7月1日

edの薬

edの薬の特徴

edの薬治療は勃起障害(ed)治療法の中で最も簡単で、最も受け入れやすい治療の方法です。Hannsh KA の1997年の調査によって、79%の勃起不全患者はedの薬を選ぶには第一候補は飲み薬ですと分かった。勃起不全を治療する薬が多いが、勃起不全に至る病因が複雑で、また臨床上で病因を正確に判定するのも難しくて、薬での治療効果を認めされにくい。

 

 

edの薬のホルモン薬:雄ホルモン代替治療法とも言い、主に内分泌性の勃起不全の治療に使い、原発と連続性生殖機能の低下による勃起不全を含む。

非ホルモン類の薬物:ホルモン類の薬で勃起機能障害を治療するのがやはり少ない、非ホルモン薬物での治療は圧倒的な地位を占めている。薬が作用する部位によって大きく下記の種類に分ける:副腎アンタゴニスト、ドーパミン類、5 -セロトニンアンタゴニスト。

 

ベリーダンス衣装専門店

販売価格(税込): 8,980
女性の曲線美を表現する動き

 

 

飲み薬:バイアグラは特異性リン酸二酯酶Ⅴ抑制剤で、cGMPの分解を抑制でき、cGMP濃度を高めることができ、ED治療効果を達成できる。主なに頭痛、鼻づまり、顔面の火照りなどの不良反応がある。心筋供血不全でニトログリセリンを飲んでいる者は使用禁止、心機能が悪い者は真剣に使用してください。1998年3月より、FDAを認められ、出回ってから、アメリカ国内ではもう処方1000万以上発行した、そして全世界を風靡されている。

 

edの薬

 

外部用edの薬:一般的なクリームや剤や軟膏剤などは下記の2つの特性がある、必ず脂溶性であり、薬物は皮膚を通して血液の中に浸透することを保証しなければならないBuck’sの筋膜と白膜を通して海綿体に進入する。

外部用edの薬は浸透効果が強くて、睾丸ケトンのレベルを調整し、人体の睾丸ケトン濃度が足りない時、睾丸間質細胞を活性させ、睾丸をケトン分泌を促進させる;人体の睾丸ケトンの濃度に正常なレベルにある時、自身の分泌を促進させない、それで性動力が自発的に発生し、性活力を長く保持していける、インポテンツの早漏情況が発生しない。

漢方薬:漢方薬edの薬で治療する歴史が長くて、漢方医は情況を対処した勃起障害の治療方法は一定の治療効果が達成できる、主要メカニズムは壮陽補腎を目的にした治療方法です、薬物での治療方法以外に、深刻なED患者は外科手術での治療方法も可能です、但し、必ず正規病院で治療を受けると注意してください。勃起不全患者は心理的な要因があると多数存在しているから、心理治療も十分に必要です。

一定程度の場合、薬の成分が簡単なら、人々がそれに対する研究はやっとほど深くて、薬物の治療効果が、もっと認められ、効果ももっと高くて、量も低くて、不良反応もすくない。