Day: 2017年5月18日

早漏改善方法

早漏改善方法

早漏は現代社会中では男性の普通の男性病気の一つであり、多くの男性早漏患者は面子のことで、此の方面の問題を言い出したくないし、病院へ治療に行きたくも無いし、よって早漏治療の最適時機を逃してしまう。それでは早漏改善方法はどんな物があるか?次には具体的に見てみよう。

 

早漏改善方法

早漏改善方法

 

早漏改善方法は心理調節:早漏の病因では心理要素が一部を占める。例えば性生活の際での心理緊張、生活工作圧力が全部早漏を起こす物。

 

従って、早漏改善方法は先ずは一つの穏やかな気分を持ち、副作用の心理気分を消え、健康な性心理を樹立させ、楽観な態度を保持すること。良好な気分は病気への直しに積極な役目を果たす。

 

 

早漏は体育訓練も良い選択枝であり、多くの男性友達も分かる様に、ある陰経訓練方法をやれば早漏に助かる物。専門家の指摘では、局部な訓練効果が微小である。

 

男性友達は全体の体育訓練、多く運動を図ること。具体な運動項目は個人によるものが、然し強度が強過ぎることになくて、弱過ぎることもしないこと。ジョギング、水泳、山登り、球技、体操、ジムトレーニングの様。

 

生活調理:早漏患者は寝起きがよく、徹夜、タバコ、アルコール等の不良習慣を避けること。早漏男性は自分がEDになるのを心配する。性生活際に早漏発生も心配するし、性生活を回避開始する。この遣り方は正確ではなくて、成り行きに任せて、性生活を規律化にすること。身体トレーニングの良好習慣を養成して、体質強化も早漏の調理方法でもある。

 

早漏の発生は精神、気分等の要素と充分関わる物、例えば過分な感激、緊張、憂鬱、興奮、不安、恐怖等が全部早漏を起す物。従って、男性友達は性交前の気分が正常かどうか、射精速度に影響が大きい。または、性交動作の幅が大き過ぎるなり、幅刺激強度を強くするなり、全部射精の加速を起す者、即ち早漏の要素。

 

以上は我々が早漏改善方法についての簡単な紹介である。我々の紹介を通じて、更なる多くの男性友達に助けられたい。早漏のことで劣等感を持ち、病院へ検査に行きたくないのは、早漏が更に厳しくなることだ。ここでは、患者の早く回復をお祈りする。

Cause-ed2-400x240

ed原因-edに影響する食物

生活中に男性が自分の身体健康を無視してしまいました、常に自分の飲食習慣に気をつけなくて、それにより、腸胃の不適が起こしやすいです、それに生育にも影響する可能性もあります。例えば、男性が食べ過ぎると、edに至ってしまいます。それでは、男性が何を食べると、ed原因になりますか。

豚の腎臓:漢方医の最新研究によると、豚、牛、羊の肝臓、腎臓などに含有量が違う重金属カドミウム含まれて、人々は食べる時に、カドミウムも食べてしまい、女性は不妊に至る可能性が充分にあります、又、もし自分が喫煙するなら、不育の発生率が6割にします。男性にはed原因になるかもしれません。

唐揚げ:養生専門家はバーベキューと揚げのテンプラ類食品に発ガンの毒物アクリルアミドが含まれています、男性は精子が少なく、弱くさせる可能性があります。ed原因になるだけではなく、また、重金属カドミウム、殘留農薬は精子に毒性を発生します。

 

ed原因

ed原因


 

ミルクティー:市場のパールミルクティーにその主な成分は水添植物油であり、それはひとつのトランス脂肪酸です。トランス脂肪酸は男性ホルモンを減らすことができます、精子の活発性に悪影響を及ぼしてきます、精子が体内の反応を中断させます。

豆腐:もし毎日大豆制品を食用すると、男性の精子数は明らかに下げます。大豆製品は男性生殖システム、特に精子の生成が不利な影響を及ぼします。大豆及びその製品に豊富なイソフラボン類植物エストロゲンがあり、摂取しすぎると、男性体内の雄性ホルモンのレベルを下げるのが当然です、だんだんにed原因になれ、しかし、それにより、もっと多くの不良結果を及ぼします。

5、コーヒー:コーヒーが元気回復させる作用を持つ原因は、それは含まれるカフェインが交感神経を刺激したからです。交感神経は人の昼間のすべての活動を把握しています、それが刺激を受けると、人は元気に戻し、活力が倍増します。副交感神経は人夜間の生理、勃起など性関連の活動を把握します、それは交感神経とは裏と表の関係です。交感神経の活動が頻繁になると、相対的に弱い副交感神経が抑えられ、臨床の表現は性欲減退を表します。

 

edの原因

edの原因 最も男性の性機能を損なうこと

男は恐れぬ、勇敢すべきだ。しかし、性機能にはいくつもの弱点があります。下記は男性が一番恐ろしい五つのedの原因、この注意点を重視してから性機能をしっかり保護することができ、男性の男らしさを保ちます。

長時間に柔らかいソファーに座らないでください。長時間柔軟なソファーに座ると、edの原因になります、陰嚢にひどい傷をつけます。骨盤を支点として陰嚢をゆったりと両腿の間におくのが正しい座り方があります。しかし、軟らかいソファーに座って陰嚢が圧迫せれ太ももにぴったり貼り、そうしたら局部の温度を高くさせるだけでなく局部の血液循環も障害され、その結果は精子とケトンの形成も影響させだ。だから、男性は長時間柔らかいソファーに座らないで、40分間ごとに歩いた方がいいです。

エアコンを直接当たるのを避けること。男性の性機能が季節と気温と非常に深いな関係があります。普通は寒い環境で性機能が落ち「熱すれば膨張し冷えすれば縮む」という規律と同じです。寒さはedの原因になる最も重要な原因は男性のペニスと 陰嚢 などの器官を縮まれ、触覚もそんなに敏感にならなくなる。寒さも前立腺を引き起こしたり症状を強めたり、早漏、射精痛などの不具合を引き起こす。だから、男性は寒い季節に防寒対策を注意し、夏にはエアコン直接当たるのも避けてセックス中の冷え込みを防ぎます。

 

edの原因の高温で睾丸障害を防ぐこと。睾丸は精子形成と男性ホルモンの合成器官で男性の重要な生殖器ですから、睾丸を正常に働かせるために温度は必ず35.5℃—36℃に保持します。周りの温度が高くなると睾丸の正常機能が影響されます。これこそ、男性がタイトなパンツ、ジーンズの穿く頻度を減らし、温泉とサウナも同じ減少して、長時間高温環境にいることを避け、パソコンを太ももにおいて使うのもしない方がいいです。

湿度高いの環境は病気を引き起こしやすいこと。湿っぽい環境と外性器の局部の湿っぽさが股部白癬、陰嚢湿疹などの皮膚病を招きやすい。この皮膚病は局部のかゆみ、皮疹、色素沈着、異常な匂いも引き起こし、男性の自信と性欲を深く影響して、知らず知らずにedの原因になります。カップル間の邪推と矛盾を巻き起こす時もあります。それ以外に遺精、早漏などの現象にもつなげる。だからこそ、男性はセックス前後に性器官をちゃんと洗って、そこの清潔と乾燥を維持することを注意すべき。薄くて全棉のパンツを穿き毎日取り換えて、局部の風通しを良くするとアドバイスします。

疲れすぎて幸せな性生活が送れないことを注意してください。男性は緊張や疲労になる時交感神経が興奮の状態になり、これは性欲とペニス勃起を明らかに抑えます。肢体の疲労は必ず男性のセックス能力を影響し、満足度を大きく下げます。だから、男性は自分の生活を適切にアレンジして、疲労すぎることを避けるべきだ。