インポテンツ(いんぽてんつ)のed薬治療

インポテンツ(いんぽてんつ)のed薬治療効果検証

ぽっき不全

男のぼっき不全の原因は

男はいつも強者の化身とされるが、生理からいうと、男は実はぼっき不全に弱みがある。

先天方面からみてみると、男はX染色体が一つあり、女には二つある。人類の「免疫遺伝子」はX染色体に存在するので、女性に比べると、男性のほうが免疫力が低い。耐久力と生命力が弱い。血友病、潰瘍、脳卒中などの遺伝病がなりやすい。

セックスの方面では、女性より男性のぼっき不全が日常生活の影響を受けやすい。一生にぼっき不全の問題も多く遭遇する。以下は男性にとって、最も「弱み」のところ、より多い警戒と保護が必要だ。

 

ぼっき不全

ぼっき不全

パンツがきついとぼっき不全になりやすい

三角パンツやジーンズは男性健康のステルスキラーになっている。きつすぎや空気通さないパンツを着ると、男性の骨盤内の血行不良をさせ、会陰部の温度を高くさせ、男性の精子品質を影響させる。甚だしき不妊に至ってしまう。男性の睾丸の温度は人体温度より3℃低いため、精子が生きやすい。

 

辛い料理を常によく食べると、ぼっき不全になりやすい

辛い刺激によって前立腺毛細血管を急速に拡大、充血させ、その時に「太い」前立腺が尿道の空間を侵攻してしまう。によって頻尿、切迫感、尿痛などの排尿不良現象が現れてきた。そして長期慢性的な炎症刺激による性射精痛み、早漏などの性能力の問題を発生させる可能性がある。

 

ぼっき不全

ぼっき不全

勤務長い時間座りっぱなし、ぼっき不全になりやすい

男は座っている時、実はかなりの重さは前立腺に迫っている。時間が長いと、充血をさせ、新陳代謝を低下し、慢性前立腺炎を発生させる。このままでいくと、勃起困難症などの性能力問題を引き起こす可能性がある。勃起困難症などは蟻神王との商品を飲んでみるか?効果は明らかだ。

 

気分不良の時、ぼっき不全になりやすい

女性は気分が悪い時に、性愛がそんなに明らかに反応しないが、もし男がうつ、不安などがあった場合、大脳の性神経中枢を干渉し、心理的ED(勃起障害)を引き起こす。また射精過程を短縮させ、精液の品質を低下させる。

edの薬

edの薬の特徴

edの薬治療は勃起障害(ed)治療法の中で最も簡単で、最も受け入れやすい治療の方法です。Hannsh KA の1997年の調査によって、79%の勃起不全患者はedの薬を選ぶには第一候補は飲み薬ですと分かった。勃起不全を治療する薬が多いが、勃起不全に至る病因が複雑で、また臨床上で病因を正確に判定するのも難しくて、薬での治療効果を認めされにくい。

 

 

edの薬のホルモン薬:雄ホルモン代替治療法とも言い、主に内分泌性の勃起不全の治療に使い、原発と連続性生殖機能の低下による勃起不全を含む。

非ホルモン類の薬物:ホルモン類の薬で勃起機能障害を治療するのがやはり少ない、非ホルモン薬物での治療は圧倒的な地位を占めている。薬が作用する部位によって大きく下記の種類に分ける:副腎アンタゴニスト、ドーパミン類、5 -セロトニンアンタゴニスト。

飲み薬:バイアグラは特異性リン酸二酯酶Ⅴ抑制剤で、cGMPの分解を抑制でき、cGMP濃度を高めることができ、ED治療効果を達成できる。主なに頭痛、鼻づまり、顔面の火照りなどの不良反応がある。心筋供血不全でニトログリセリンを飲んでいる者は使用禁止、心機能が悪い者は真剣に使用してください。1998年3月より、FDAを認められ、出回ってから、アメリカ国内ではもう処方1000万以上発行した、そして全世界を風靡されている。

 

edの薬

 

外部用edの薬:一般的なクリームや剤や軟膏剤などは下記の2つの特性がある、必ず脂溶性であり、薬物は皮膚を通して血液の中に浸透することを保証しなければならないBuck’sの筋膜と白膜を通して海綿体に進入する。

外部用edの薬は浸透効果が強くて、睾丸ケトンのレベルを調整し、人体の睾丸ケトン濃度が足りない時、睾丸間質細胞を活性させ、睾丸をケトン分泌を促進させる;人体の睾丸ケトンの濃度に正常なレベルにある時、自身の分泌を促進させない、それで性動力が自発的に発生し、性活力を長く保持していける、インポテンツの早漏情況が発生しない。

漢方薬:漢方薬edの薬で治療する歴史が長くて、漢方医は情況を対処した勃起障害の治療方法は一定の治療効果が達成できる、主要メカニズムは壮陽補腎を目的にした治療方法です、薬物での治療方法以外に、深刻なED患者は外科手術での治療方法も可能です、但し、必ず正規病院で治療を受けると注意してください。勃起不全患者は心理的な要因があると多数存在しているから、心理治療も十分に必要です。

一定程度の場合、薬の成分が簡単なら、人々がそれに対する研究はやっとほど深くて、薬物の治療効果が、もっと認められ、効果ももっと高くて、量も低くて、不良反応もすくない。

 

 

いんぽてんつ原因

いんぽてんつ原因分析

いんぽてんつの多数は機能性の原因に属して、少数は器質性に属する。よくあるいんぽてんつ原因は以下の何方面である。

 

 

神経要素:例えば幼児時期に心理が傷害を受けた、或いは新婚の時に性知識を欠け、緊張と焦慮の心理や夫婦感情不和、家庭関係、または不良習慣例えばオナニー過ぎる、それで陰茎の敏感度が低下され、精神緊張、思想負担過重等のことでいんぽてんつになる。脳力や体力の過度、或いは不良な精神刺激、如く過度憂鬱、悲しみなど、或いは性欲にふける、性生活過度などは全部大脳皮質機能の乱れんの発生でいんぽてんつ原因になれる。

神経系統病変:視床下部-下垂体腫瘍や其の他の部位の腫瘍、大脳部分性の損害、如く局限性てんかん、脳炎、脳出血圧迫など、脊髄損傷、脊髄腫瘍、慢性アルコール中毒、多発性硬化症、骨盤手術損傷など週囲の自律神経などは全部いんぽてんつ原因になる。

内分泌病変:如く糖尿病、脳下垂体機能不全、睾丸損傷や機能の低下、或いは甲状腺機能低下症や亢進、副腎機能不足等は全員いんぽてんつを発生する。

泌尿生殖器官病変:如く前立腺炎、前立腺の増殖、副睾丸炎、精索静脈瘤等は常にいんぽてんつを起こす。一部の中老年患者はまさに前立腺炎と前立腺の増殖でもいんぽてんつ原因になる

 

いんぽてんつ原因

 

薬物影響:臨床の上で多くの薬物は性機能を抑制する役目がある、それら薬品もいんぽてんつ原因になるかもしれない。如く利血平、胍乙啶、ジゴキシン、安定、速尿、胃複不安等である。

慢性疲労: 疲労もいんぽてんつ原因である、その理由は、筋肉疲労や、過度に頭を使うと、憂鬱不安、ストレス等での心因性疲労は性欲の喚起に邪魔する。その中に以下のことを含む。大脳機能低下は性興味を抑え、皮質エッジシステム感情中枢興奮性低下及び下垂体の促進性腺ホルモンと睾丸の雄激素分泌減少で性興奮を低下させる。

 

 

 

盲目的に営養補強

若し盲目的に腎臓を補って精力をつける薬物の服用は、逆方向で、病状が過重になる。

肥甘ねばねばの食べ過ぎ、喫煙や飲酒過度

肥甘ねばねばの食べ過ぎ、喫煙や飲酒過度で発生したいんぽてんつの表現は口の苦しみ、心の怒り、腰痛、会陰痛み、小便が黄になり。肝胆蒸暑い清利の薬物だけ選択する。如くリンドウの、コガネヤナギ、キハダ等。

精神緊張或いは薬物副作用

精神緊張或いはある薬物の副作用等でのいんぽてんつ原因は、如何なる腎臓の補い薬を服用しないこと。専門家の解釈により、緊張な気分は緩和を得る場合、或いは関係薬物の服用停止後に、いんぽてんつは治療しなくても自らで直る。

考えすぎ

考えすぎ
は、心火で腎陰を傷つけることでのいんぽてんつ原因は中身は腰のひざがぐったりして、不眠の多い夢、暑がり。純粋な心の滋腎の薬を選択する。如く生地、シャクヤク、山萸肉。

 

広告:

 

NEW 15% OFF
3980円

 

インポテンツとは

インポテンツとは

いんぽてんつ又はインポテンツとは男性の性的不能です。疾患・精神的障害などによって 陰茎が勃起せず,性交ができない状態。インポ。陰萎(いんい)。症状としては、最初から勃起不能の完全なインポテンツと、途中に勃起が消えた中折れと、勃起できますが、勃起不全等があります。(Erectile Dysfunction)とも呼ばれています。早漏自体はインポテンツとなりませんが、ED治療の範囲にも入るべきでしょう。

 

インポテンツとは

 

 

いんぽてんつ又はインポテンツの原因として、器質的インポテンツ、陰茎海綿体(陰茎海綿体白膜)の弾力性の低下 ・陰茎や 睾丸の疾患(先天的・後天的) ・動脈硬化や外傷(手術)による陰茎深動脈の血流障害 ・ 頭蓋内疾患 ・下垂体疾患 ・尿道や前立腺の疾患 ・副性器の炎症や腫瘍. 女性の問題、心因性問題などを挙げられています。

 

当サイトはいんぽてんつ(インポテンツ)、中折れ、勃起不全、早漏等のed治療とed薬等の効果検証。要は自然な方法で治療することをメインとして、ed治療薬、又は精力剤などを補助とする最新の効果のあるed治療方法をまとめてみました。