ed対策

そうろう克服方法

そうろう克服方法

 

早漏(そうろう)は現代社会中では常見の男性病気の一つである。多くの男性早漏患者は面子のことで、此の方面の問題を言い出したくないし、病院へ治療に行きたく無い。よって早漏治療の最適時機を逃してしまう。そこで、病院で治療しなくてもよく、自分自身でそうろうを改善する方法を、即ちそうろう克服方法を紹介する。

 

早漏の発生は精神、気分等の要素と充分に関わるものだ。例えば過分な感激、緊張、憂鬱、興奮、不安、恐怖等が早漏を起す原因だ。従って、性交前の気分が正常かどうかは、早漏に影響が大きい。

 

また、性交動作の幅が大き過ぎるなら、性刺激強度を強くするなると、そうろうになりやすい。

 

そうろう克服法の一つ目:精神調節

 

早漏の病因では心因性が一部を占める。例えば性生活の際での心理緊張、仕事のストレスなど早漏を起こす。従って、そうろう克服をしようとすれば、先ず穏やかな気分を持ち、消極的な心理気分を消し、健康的な性心理を樹立すべき、楽観な態度を保持すべきだ。

そうろう克服法の二番目:運動

 

具体な運動項目は個人によるものだが、強度が強過ぎてはいけなく、弱過ぎてもいけない。例えば、ジョギング、水泳、山登り、球技、体操、ジムトレーニングなどでよい。

 

第三のそうろう克服方法なら、生活習慣である

 

早漏患者は寝起きがよくなく、徹夜したり、タバコを吸ったり、アルコールドリンクを飲んだりする不良習慣を避けるべきだ。

 

最後、そうろう克服に効くサプリメントを服用するのも方法の一つだ。特に年を取っている男性は滋養強壮のため、適当に精力をつけ、早漏防止のサプリメントを服用するのがベストだ。

 

要するに、早漏男性は自分がEDになるのを心配する。セックスの際に、早漏発生も心配するし、性生活を回避し開始する。この遣り方は正確ではなくて、成り行きに任せて、性生活を規律化にすること。体の方には運動する良好習慣を養成して、体質強化もそうろう克服の方法である。

 

いんぽてんつ改善

いんぽてんつ改善できる薬膳

今日はいんぽてんつ改善につき、二つの古代から伝えてきた秘方を紹介します。

 

いんぽてんつ改善

いんぽてんつ改善

 

 

いんぽてんつ改善できる薬膳の一:ニクジュウヨウ羊肉お粥(腎臓薬壮陽膳粥)

 

原材料:

 

ニクジュウヨウ15g、精羊肉100g、うるち米100g、塩が少々、葱の白部2根、生姜10g。

 

効果:補腎助陽、健脾養胃、腸道を潤います。賢蔵が弱いによるインポテンツ、夢精、早漏、小便頻繁、夜間の尿が多い患者に適用します。

 

 

いんぽてんつ改善できる薬膳の二:ニクジュウヨウ鹿鞭スープ

 

原材料:

 

ニクジュウヨウ15g、水で浸し鹿鞭100g、卵白3個、水浸しトウモロコシ破片10g、菜の花10g、ハム10g、酒10g、姜3g、塩3g、山椒水10g、素油25g、芡粉10gスープ適量、味の素3g、水浸しドンコ10g。

 

効果:補腎益精、筋を強くし、骨を健康にさせ、腸道を潤い、通便ができます。腰膝がだるい、インポテンツ、腸乾燥、便秘等の患者に食用します。

 

ペニス増大パンツ 18磁石
2980円 | 九六商圏 PR


 

インポテンス(インポテンツ、いんぽてんつ)ed克服方法と予防

インポテンス(インポテンツ、いんぽてんつ)ed克服方法と予防

インポテンス(インポテンツ、いんぽてんつ)ed克服方法と予防について、下記のように、外因性と内因性からいくつの方法をまとめています。

 

1. インポテンツ を予防するため、性の知識を勉強すること

 

未婚男性がインポテンス(性欲がないあるいは勃起できない)だと疑うのは、ただ外的な刺激が足りないだけで、病気としては認めません。新婚夫婦は性交する時、男性のほうは緊張で興奮しているし、女性の方は恐がりで照れてるし、うまく協力できるのは普通です。性交失敗は経験が足りないだけで、病気ではありません。そいう時はお互いに理解し合って、慰めて、時間を経ったら殆どはうまくいけて、ハーモニの生活に戻れます。

 

2.生理のリズムを知ること

 

男性は高熱、過労、情緒不良等の場合は、一時的なインポテンス症状が出るのは、殆ど普通の抑制と生理のリズムは原因です。仮性の症状を真性のインポテンスにさせる恐れがあるので、男性の方はストレスを増やしたりしないで、女性の方も文句を言ったり、責めたりしないほうがいいです。

 

 

インポテンス(インポテンツ、いんぽてんつ)ed克服方法と予防

インポテンス(インポテンツ、いんぽてんつ)ed克服方法と予防

 

 

3.薬の服用に慎重に

 

副作用としてインポテンスになる薬を避けてください。病気によって薬を飲まなければならない時は、できるだけ性の能力に悪影響のない薬を選んだほうが良いです。

 

4.性行為を控える

 

長期的に過度性行為にはまるのはインポテンスの原因になります。実例からわかるように、夫婦は別々のベットで寝ることによって、しばらくの間に性交を止めて、各種の性的刺激を避けて、中枢神経系と性器官を十分に休めるのはインポテンスを予防するには有効的な方法です。

 

mf700-00162120

 

 

5.食事でのed克服方法

 

狗肉、羊肉、スズメ、胡桃、牛鞭、羊の腎臓などや、牡蠣、牛肉、鶏レバー、卵、ピーナッツ、豚肉、鶏肉など亜鉛を多く含める食べ物や、長芋、イチョウ、冷凍豆腐、田鰻、鳝鱼、海参、いか、タコなどアルギニンを多く含める食べ物は性の能力を高めるには良いです。

 

6.体の免疫力を高めよう

 

体が虚弱、過労、睡眠不足、長く続ける緊張の脳的仕事などはインポテンスの原因になります。積極的にスポーツをして体を強めること、ちゃんと休みを取ること、過労をしないことなど、中枢神経系のバランスを取るように心がけましょう。

 

7.心理的な要因を無くす

 

十分な性の知識を知って、精神的な要因が性の能力への影響を理解すべきです。性欲に対して正確な認識が必要です。人には見せられないものだと思って嫌がったり怖がったりしないこと、初心者として何回かの失敗のせいで落ち込んだり悩んだりして自信をなくすことがないです。夫婦の間は気持ちのコミュニケーションを取ることによって不愉快の要因を無くし、暗黙の了解に達せます。女性の方は思いやりを持って、愛情を持って、相手の精神的なストレスが出ないように相手を励ましたりして、不満の情緒を見せないように心がけましょう。性交する時は集中して、特に性的快感に達して射精する時は、更に集中力が必要です。